FC2ブログ

beyerdynamic フラグシップヘッドホン 「T1」 SOUND CITY KUMAMOTO Blog

SOUND CITY KUMAMOTO Blog



SOUND CITY KUMAMOTO Blog > 新商品情報 > beyerdynamic フラグシップヘッドホン 「T1」

beyerdynamic フラグシップヘッドホン 「T1」

ティアックから、同社が取り扱うbeyerdynamic(ベイヤーダイナミック)のフラグシップヘッドホン「T1」と

ヘッドホンアンプ「A1」を11月下旬発売する。

・ヘッドホン 「T1」 ¥OPEN(予想実売価格140,000円前後)

teac_beyerdynamic_t1_big.jpg

「T1」はセミオープンタイプのダイナミック型ヘッドホン。

新開発の小型トランスデューサーに1テスラ(=10,000ガウス)オーバーの磁束密度を生み出す

「テスラテクノロジー」を採用したことで、従来のヘッドホンの2倍以上の能率を実現し、

原音に忠実な再現性を獲得したとしている。

●形式:セミオープン ダイナミック型
●周波数特性:5Hz?50kHz
●インピーダンス:600Ω
●SPL(最大):102dB 1mW/500Hz(126dB 300mW/500Hz)
●THD:0.05%以下(1mW/500Hz)
●許容入力:300mW
●ヘッドバンド側圧:約2.8N
●ケーブル:3m U字型
●コネクター:金蒸着タイプステレオ標準プラグ
●質量:約350g(ケーブルを除く)

TEACホームページ



・ヘッドホンアンプ 「A1」 ¥OPEN(予想実売価格120,000円前後)

teac_beyerdynamic_a1_big.jpg

ヘッドホンアンプ「A1」は、トロイダルトランスコアと厳選したオーディオコンポーネントを使用し、

高いドライブ能力を実現。またマイクロプロセッサーで制御されるリレーにより、

電源のオン/オフ時に発生するクリックノイズや入力切り替え時に発生する不要なノイズをカットし、

高音質再生を実現するという。

●入力インピーダンス:50kΩ
●最大増幅:18dB
●周波数特性:1Hz?100kHz(-1dB)
●THD:0.001%(170mW/250Ω)
●チャンネルセパレーション:89dB以上
●出力:100mW/600Ω、170mW/250Ω、150mW/30Ω
●S/N比:100dB以上
●出力インピーダンス:100Ω(ヘッドホン端子)
●電源:AC100V 50-60Hz
●消費電力:15W
●外形寸法:250W×50H×225Dmm
●質量:2.3kg

TEACホームページ














こんなの持ってたら、アウトドアも行きたくなりますね!

Opera-Holiday-Mobile-Home.jpg

Opera-Holiday-Mobile-Home_2.jpg

Opera-Holiday-Mobile-Home-3.jpg

ワインキャビネットやエスプレッソバー、ベランダが付いているらしいです。

最高ですね!













2009年10月30日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する