FC2ブログ

CSE 電源ボックス「Dシリーズ」 SOUND CITY KUMAMOTO Blog

SOUND CITY KUMAMOTO Blog



SOUND CITY KUMAMOTO Blog > 新商品情報 > CSE 電源ボックス「Dシリーズ」

CSE 電源ボックス「Dシリーズ」

CSE、スリムな筐体の電源ボックス「Dシリーズ」3機種を3月1日発売。

電器製品、電源タップで壊れるって事がまれにあるんです。

ちゃんとした電源タップを使っておかないと、高級オーディオ機器が壊れてしまうかも!

ついでに、音も良くなるので、一石二鳥ですね。

あっ! 音が良くなるのが、メインコンセプトでした・・・((´∀`*))


■「D-3」15,540円(税込)

d-3_big.jpg

D-3はコストパフォーマンスを高めた3口のコンセントボックス。

カラーはホワイト。入力ACケーブルの脱落防止構造も採用している。

入力ACケーブルの交換方法は、まず本体裏側のケースレッグと底板を外す。

すると内部のシャーシにIEC規格のACインレットが用意されているので、好みのケーブルを接続する。

最後に底板を取付け、ケースレッグで固定する。

なおDシリーズでは、オーディオ用の大型ACインレットや、直径20mmの電源ケーブルを使用できる。





■「D-3H」¥19,970(税込)

d-3h_big.jpg

D-3Hは、D-3のコンセント部分をホスピタルグレードのものにアップグレードした製品。

ホスピタルグレードのコンセントは医療の現場用に特に開発されたもので、

一般的なコンセントよりも接地抵抗が低く、音質が良いとの定評がある。






■「D-4」¥20,790(税込)

d-4_big.jpg

D-4は4口のコンセントボックス。コンセントのグレードはD-3と同じく一般用の3極タイプ。

各コンセントの間にスリットを入れることにより、各コンセント間のノイズを軽減させている。

CSE
















Porsche 918 Spyder Concept



Porsche-918-Spyder-Concept.jpg
















2010年03月09日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する