FC2ブログ

「MUSIC TOOLS デモ機」 SOUND CITY KUMAMOTO Blog

SOUND CITY KUMAMOTO Blog



SOUND CITY KUMAMOTO Blog > アクセサリー > 「MUSIC TOOLS デモ機」

「MUSIC TOOLS デモ機」

MUSIC TOOLS 

メーカー様にご来店いただきラックとインシュレーターを

体感させていただきました。

musictools 20200119

ISOsquare (4脚型モジュラーシェルフ・ガラスラック)

SPikE-HULLⅡ(多目的型オーディオ・プティマイズインシュレーター)



MUSIC TOOLSは、

ガラス工芸メーカー出身の兄と、家具デザイナー出身の弟によって

1996年にイタリアにて設立された

オーディオファニチャー・メーカーです。



今回デモしていただいたラックは、

MUSIC TOOLSのラックはすべて3脚型(3点支持)でしたが

今回のデモ機は、4脚型(4点支持)のモデルで、設置面積を抑え

ケーブルの取り回しにも配慮された新製品のラックです。



■ ISOsquare (4脚型モジュラーシェルフ・ガラスラック)

xline 20200116 (1)


支柱の長さは、18cmタイプ、28cmタイプ、40cmタイプの

3種が用意されています。

幅は660mm、奥行きは525mm。


いずれもガラスシェルフとフレームがセットになっていて

希望小売価格¥140.000-(税別)となります。

スパイク受け付属。

xline 20200116 (2)

xline 20200116 (4)


3枚の強化ガラスの間にダンピング材の層があり

5層構造になっています。

xline 20200116 (6)

ガラスのエレガントなルックスとダンピング処理で

デザイン性とオーディオラックに求められる高い制振効果を両立し

世界中から支持されています。





■ SPikE-HULLⅡ(多目的型オーディオ・プティマイズインシュレーター)

xline 20200116 (11)

4個1組 希望小売価格¥52.800-(税別)

色はレッドとブラックが用意されています。


スパイク受けとして使ったり、付属のM8ボルトを使用して

製品に取り付けるることも可能です。

xline 20200116 (12)

4種類の異なる素材を使用し、共振周波数をシフトして

単一素材のインシュレーターにありがちな

固有の音を感じさせません。

xline 20200116 (13)

プレーヤーの下に使ってみました。

xline 20200116 (14)


個人的な感想は、初めにご紹介したラックもそうですが

一音一音の粒立ちが良くなり、よりクリアーに

エネルギッシュさも減衰しない印象です。





イタリア生まれのオーディオアクセサリーです。

詳しくは店頭にてご説明いたします。

お気軽にお声かけください。

**********************************************

サウンドシティ熊本

〒861-4137
熊本県熊本市南区野口3丁目18-11(アクアドーム前)
【TEL/FAX】: 096-273-7478
【営業時間】: 11時~19時 
【定休日】: 毎週火曜日

【HP】: http://www.sound-city.jp
【Mail】: info@sound-city.jp

**********************************************

2020年01月19日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する